MENU

銀行カードローンの審査に有利な条件って何?!

銀行のカードローンは非常に人気があります。
しかし、残念ながら誰でも簡単に利用できるものではありません。
その利用のためには必ず審査に通過する必要があります。

 

では、この審査ではどんなことが重要なのでしょうか?

 

審査に通りやすい人、通らない人というものはやはり存在します。
その基準として参考にしてほしいことを以下に並べました。

 

【勤続年数が多い方が有利!】
具体的な勤続年数でいうと、1年以上は必須、できれば3年以上になります。
もし、正社員であっても1年未満の勤続年数であれば、厳しいのが現実です。
ちなみに、公務員や大手企業であれば少し緩くなるようです。
近年では、契約社員や嘱託社員というような、雇用としては不安定な立場にある人が4割を超えています。
しかし、このような雇用条件の人達であっても勤続年数が1年以上であれば、審査に通る可能性が高くなるといわれています。
パートやアルバイトも同様です。
勤続年数が1年未満であるからといって、絶対に審査落ちすると言うわけでもありませんが、長く同じところに勤めている方が有利であることは間違いありません。

 

 

【虚偽の申告は絶対ダメ!】
どうしても審査に通らないと困るからといって、書類に虚偽の申告をする人もいるようです。
しかし、これは絶対にダメです。
場合によっては、詐欺行為にあたることもあります。
ちなみに、信用情報機関には名前や住所、電話番号、勤務先、過去の借入履歴など、全ての情報が共有されているので、すぐにばれます。
また、もし故意でなくても、申込書類などに誤りがあれば、詐欺行為であると疑われる可能性も十分考えられます。
そんなことで審査に落ちるのはもったいないですよね。
ですから、申込書類は間違いのないよう、よく確認してから提出しましょう。

 

【複数のカードローンに申込は不利!】
銀行カードローンに借入をする時、複数のローンにいっぺんに申込をするという人がいます。
どこかの審査は通るだろうと思っているのかもしれません。
しかし、こうした行為は全くの逆効果なのです。
信用情報機関においては、借入申請した情報や、現在どこの金融機関からいくら借入をしているという情報など、全てを共有しています。
従って、あちこちに借入申請をしている事実は「信用」という点ではマイナスポイントになります。