MENU

ローンの審査に有利な条件?!

消費者金融のキャッシングや銀行カードローンなど、お金を借りるには便利な金融機関がたくさんありますよね。
こうしたローンを組むためには、必ず審査に通過する必要があります。
この審査に通過するために、世の中には様々な情報が飛び交っています。
インターネットで少し検索するだけでも、たくさんヒットします。
そんな中で、審査を受けるにあたり、有利だといわれている条件を少しあげてみました。

 

ローンの審査で有利な条件?!

 

【その1.初めてお金を借りる人】
今までにどこの金融機関からもお金を借りたことがなく、初めての借入となる人は、これまで借入が無いというだけでブラックリストに載るような要素はなく、履歴としてはまっさらな状態と言えます。
ローンを組む際の審査では過去から現在までの借入は必ず調査されますので、これはかなり有利な条件となります。

 

【その2.安定した職業についている人】
銀行や消費者金融側からして、安心してお金を貸し出せる職業として、一番に挙げられるのが公務員です。
しかも、公務員として勤続年数が長く、ある程度収入を得ている人が一番有利だといわれています。
公務員が有利な理由としては、
・リストラが無い
・離職率が低い
・収入が安定している
・いざというときに退職金もしっかりある
などがあげられます。
その他、同じような理由で有利といわれているのが、有名企業に勤めている人です。
年収も重要な要素ではありますが、収入が安定していることはさらに重要となります。
【その3.賃貸より持ち家のほうがいい】
借入審査の際に、有利であるといわれているのが、家を持っていることです。
なぜなら、持ち家の場合、ローンの途中で完済できずに困ったとしても資産なので、簡単に夜逃げはできないからです。
賃貸なら、荷物一つで簡単に夜逃げをしてしまうことができます。
多くの場合、そのようなことはありませんが、どうしても「信用」という点からすると持ち家の方が有利であるということができます。

ちなみに、2年以内に転居を繰り返している人は審査では不利となってしまうこともあるようです。

 

【まとめ】
上記の条件に共通することは、「銀行や消費者金融が安心してお金を貸せる条件」であることです。
ですから、「信用」を高めることが一番の近道かもしれませんね。