MENU

フリーローンの審査はカードローンよりも甘いってホント?!

お金を借りるなら、できるだけ低金利のローンを利用したいと、皆さん思うはずです。
それなら、やっぱり銀行のローンは有利ですよね。
金利設定も低めで、しかも高額の融資が可能なのですから。

 

銀行のローンと一口にいってもいろいろあります。
中でも使い道が自由なカードローンとフリーローンは便利です。

 

同じように使用用途に指定がないこの2つのローンですが、

 

一般に「フリーローンの審査はカードローンの審査よりも甘い」

 

といわれています。

 

その理由はなぜでしょうか?
答えは2つのローンの特徴にあります。

 

フリーローンとカードローンの特徴

 

ではそれぞれのローンの特徴を確認してみましょう。

 

【フリーローン】
フリーローンでは、契約時に融資総額が決定されます。
その後、一括で融資総額金が指定口座に振り込まれます。
そして返済を繰り返すだけ、という非常にシンプルな仕組みになっています。
従って、完済しやすいという特徴があります。
フリーローンに関しては、一括で融資が行われた後、追加で融資が行われることはありません。
もし、まだフリーローンを利用する必要がある場合には、再度申込からやり直すことになります。
ちなみに、再審査に通過できる保証はありません。

 

【カードローン】
一方、カードローンに関しては、契約時に利用限度額というものが決められます。
そして、ローンカードというものが発行されます。
(近年増加しているネット銀行のカードローンでは、ローンカードを発行せず、全ての取引をネット上で行っているところもあります。)
このカードを利用して最寄りのATMから、借り入たい金額を指定して融資金を引き出すシステムになっています。
契約時に決められた利用限度額の範囲内であれば、何度でも融資金を引き出すことができます。
借入総額が限度額に達した場合には一旦借入できなくなります。
ところが、次に返済すると利用限度額が復活し、また借入ができるようになります。
従って、一度限度額いっぱいまで借り入れてしまうと、完済が難しくなるという傾向にあります。

 

【まとめ】
上記のことからわかるように、銀行側からすると「フリーローンは回収しやすいが、カードローンは回収が難しい」ということになります。
だから、フリーローンの審査の方がカードローンのそれより甘い、というわけなのです。