MENU

ローンの審査に不利な条件?

お金を借りる方法にはさまざまな方法がありますね。
しかし、消費者金融のキャッシングローンや銀行のカードローンなどを利用するためには、審査に通過しなくてはなりません。
審査を受ける上で、不利だといわれている条件がいくつかあるのをご存知ですか?
いずれにしても、お金を貸す側に不信感を抱かれるような条件はよくないようです。

 

ローンの審査で不利な条件?!

 

【その1.転職したばかりである】
借入に不利な条件というものはいくつかあります。
まず挙げられるのが、転職したばかりであるという人です。
やはり転職したて、というのはかなり不利な条件になってしまいます。
転職といっても、ヘッドハンティング的な以前より年収が上がるような転職もあれば、リストラや倒産などやむを得ない転職もあります。
もちろん、転職を繰り返しているような人は論外で、審査に通る可能性は極めて低いでしょう。
転職の理由はさまざまですが、やはり勤続年数が短いということは共通していえます。
ですから、転職後半年以内の場合には、なかなか審査には通らない傾向にあります。
できれば1年以上同じ場所に継続して勤務してから、審査の申込をした方がよいかもしれません。

 

【その2.住所不定】
最近では、ネットカフェを泊まり歩いたり、友達の家を転々としている人などもいます。
こうした状態の人も住所不定とみなされます。
住所不定となった場合、まずカードローンに使用するためのカード自体を送付することもできず、「信用」という点からいっても大きな問題となります。
住所不定となっている人に関しては申し込むことすらできないと考えた方がよいでしょう。

 

【その3.他社に借入がある】
審査の際に重要視される条件の一つに、他社に借入れがあるかどうか、ということがあげられます。
消費者金融では、年収の3分の1までしか借入はできないことになっています。
従って、
・まだどのくらいの枠が残っているのか?
・これまでに延滞なく返済されていたかどうか?
これらのことを含め、他社からの借入総額を考慮して審査が行われることになります。
ですから、決して他社からの借入があるということは歓迎される条件ではないのです。
また、同時に他社に借入の申込をしていた場合、「信用」という点においてかなり怪しまれる可能性が高くなるということも覚えておきましょう。