MENU

銀行カードローンの審査に必要な書類って何?

カードローンを利用するためにはまず審査を受けなくてはなりません。
審査の申込には必要な書類がいくつかあります。
中でも、本人が確認できる書類と、実際の年収が分かる収入証明書は必須です。(貸金業法により)
また、これらの書類には複数の選択肢があります。
自分の状況に合わせて、適切な書類を用意し、しっかり確認して提出する必要があります。

 

カードローンの申込に必要な書類って何?

 

上記で申しましたが、用意すべき書類は次の二つです。

 

@本人確認書類
A収入証明書

 

ではそれぞれについて、簡単に説明しましょう。

 

【@本人確認書類】
ローンを利用するには、いずれにしても審査に通らなければなりません。
銀行でも消費者金融でも、クレジットカードの信販会社にしても、必ず身分証明書の提示が必要となります。
身分証明書といっても複数あります。
例えば……
・免許証
・パスポート
・健康保険証
などなど。
できれば顔写真の入ったものが一番理想です。
健康保険証などもありますが、場合によっては「顔写真入りのものはありますか?」と確認されることもあります。
保険証だけでは、他人のものを利用している可能性が否定できないからでしょう。
しかし、どうしても顔写真入りの身分証明書を用意できなければ、きちんとその旨を話せば大丈夫ですので、顔写真入りの身分証明書は絶対条件ではありません。

 

【A収入証明書】
カードローンを利用するためには収入証明書も必要となります。
これは、貸金業法により規定があります。
ですから法律に従って提出しましょう。
その種類としては……
・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・確定申告書
・所得証明書
・給与証明書
などなど。
勤務先に変更がなければ、給与明細と一緒に渡される源泉徴収票、住民税決定通知書があればそれが一番理想です。
また、確定申告書、所得証明書、給与証明書のいずれかでも提出は可能です。
ちなみに、給与明細書については、勤務している会社の給与明細によっては会社の社印が必要となる場合があります。
もし、源泉徴収票や住民税決定通知書が手元にない場合には、所得証明書で対応することをお勧めします。
費用は発生しますが、公的なものなので後々の面倒さがありません。

スムーズに借入がしたいなら、給与明細書での対応は最終的なものと考えた方がよいでしょう。